さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年6月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

日の入りが最も遅くなる6月は、20時を過ぎても西の空にはまだほんのり茜色の余韻が残っています。そんな淡いグラデーションの空から南側へと目を移していくと、とても明るく輝く星が目に飛び込んできます。これは太陽系最大の惑星・木星で、金星に次いで明るく輝くので、夜中の明星ともよばれます。太陽を巡る惑星は、地球から見ると星座を順に巡っていくように見えますが、去年はいとかけ星(しし座)の近くに見えた木星は、今年、青白く輝く1等星・真珠星のそばで輝きます。真珠星から頭上に目をやると、オレンジ色の1等星が目に入ります。この目立つ星は、瀬戸内沿いの麦の産地では、麦の刈り入れ時期となるちょうど今からの時期に頭上で明るく輝いて見えることから、麦星や麦熟れ星とよばれていました。一方で西洋では、真珠星は豊穣の女神の持つ麦の尖った穂先で輝く星として見られていて、スピカは尖ったものという意味があります。西洋でも東洋でも、この時期に目立つ明るい星が麦と結びつけられていたことは面白く、そしてそれぞれの地域の農民たちの、空を見上げていたまなざしが感られます。さらに南東の低い空に目を移すと、赤く輝く赤星、そして土星が目に入ってきます。昨年はこの時期から秋口まで、土星と火星が赤星にまとわりつくように動きながら夜空を賑わしていたが、今年はすぐそばに明るい星がないので、釣り針に見立てられた魚つり星の形がわかりやすいでしょう。西の空のいとかけ星は、糸車に見立てられて付いた、丹後半島に伝わっていたよび名です。西洋では「?」を反 転させた形の部分を獅子の頭に見立て、しし座となっています。獅子の頭は大きな草刈り鎌にも見えることから、獅子の大鎌というよび名もあります。日本ではあまり見られない形ですが、西洋のシックルとよばれる鎌にはそっくりなものがあり、大鎌とよびたくなる気持ちがよくわかる気がします。

東の空

東の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

6月になると、東の空には徐々に夏の星が姿を見せはじめます。その中でまず目にとまるのは、白く輝く1等星・おりひめ星です。おりひめ星といえば七夕(たなばた)の星ですが、「たなばた」という言葉はもともと「棚機」の読みで、織女であるおりひめ星のことでもありました。そして、おりひめ星の次に昇ってくる明るい星を「あとたなばた」とよび、天の川を挟んで反対にある明るい星を、ひこ星とよんだのです。夜中を過ぎれば、これらの星々は頭上高くに昇ります。そのころであれば、天の川もきっと見えるでしょう。

北の空

北の空
この星空が見える時間
6月初旬22時頃
6月中旬21時頃
6月下旬20時頃

北の空に目を向けると、空高くに北斗七星が見えます。北斗七星は、柄杓(ひしゃく)の形に見立ててつけられた中国から伝わる名前ですが、日本にも柄杓星というよび方があったようです。そして見たそのまま、七つ星という名前も伝わっています。柄杓の柄はゆるやかにカーブしていて、その曲線をそのまま延ばしていくと、頭上の麦星、そして真珠星へとつながり、これは春の大曲線とよばれています。北斗七星からはまた、真北の空でほとんど動かない北極星を見つけることができます。北極星は、夜の航海には欠かせない指針の星です。

明けの明星を見てみよう!

地球より少し内側で太陽を回る金星は、地球に一番近い惑星なので、とても明るく見えます。ただ、太陽からあまり離れて見えないため、夕方か明け方の低い空にしか見えず、今年は晩秋までは明けの明星として東の空で輝きます。特に6~7月は、金星が太陽から最も離れて見やすい時期となります。日の出1時間前、明け方4時ごろには東の空20°くらいの高さまで昇っていますので、すぐに見つけられます。太陽が昇っても少しの間は青空の中に見えますので、日の出と一緒に楽しんでみるのはいかがでしょうか。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP