さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年1月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
1月初旬21時頃
1月中旬20時頃
1月下旬19時頃

1等星とよばれる明るい星は全部で20個ほどありますが、そのうちの1/3が集まって六角形をつくっている「冬のダイヤモンド」のあたりは、とても華やかで、1年のうちで最も見応えがある星空です。澄んだ空気の中で1等星たちが瞬くようすには、惹きつけられ、寒さを忘れて思わず見とれてしまいます。その中で一等明るく輝いている、日本では「大星」とよばれていた星は、地球から見える最も明るい恒星(太陽のように自ら光を放つ星)で、名前から人々が受けていた印象が伝わってきます。西洋名のシリウスには、ギリシャ語で「焼き焦がすもの」という意味があり、ギリシャの人々は、キラキラというよりもっと輝きの強さを感じていたのでしょう。夏至のころに太陽と重なることから夏の暑さがやってくるとも思われていたようです。一方、冬のダイヤモンドの上には、単独で強く輝く大星とは逆に、小さな星が集まって淡くはかなく瞬く「すばる」が見えます。星が統べられているように見えることに由来するといわれるすばる(統ばる)の名前には、6個の星が群れているいるように見えることから、むつら(六連)星、むれ(群れ)星といったものも伝わっています。千年前に清少納言が「星はすばる。(星といえば、すばるが一番である。)」と書いたことに始まり、雑誌や歌のタイトル、車の名前、望遠鏡の名前にもなっているすばる。淡くはかない存在により思いをよせる、日本人好みの星といえます。さて、皆さん自身はこの賑やかな空の星々からどんな印象を受けるのでしょう? ぜひ、実際に夜空を見上げて感じてみてください。

西の空

西の空
この星空が見える時間
1月初旬20時半頃
1月中旬19時半頃
1月下旬18時半頃

冬至を過ぎて、これからは徐々に日没が遅くなっていきます。それでも1月はまだ18時には星々が見えはじめ、今年は西の空で宵の明星・金星がひときわ明るく輝いています。太陽を廻る惑星は、星座をつくる星々とは違う動きをしますが、その中でも金星は明るさや動きの変化が大きく、1月末から2月にかけてさらに明るくなり、火星にぐっと近づきます。お正月の2日、3日には、両惑星に細い月が並んで、いつもと違った夜空のアクセントとなるでしょう。惑星たちより高い空には秋の四辺形が、そして早い時間ならば低い空に、夏の星座であるはくちょう座の1等星・デネブが、最後の輝きを見せながら沈んでいくようすも眺められます。西の空は19時半ごろまでの観察がおすすめです。

北の空

南の空
この星空が見える時間
1月初旬20時半頃
1月中旬19時半頃
1月下旬18時半頃

北の空の高いところには、ふたコブの山形をしたやまがた星がよく見えます。このやまがた星からは、方角の指標・北極星を見つけることができます。夜半を過ぎると、やまがた星は低くなり見つけにくくなりますが、その頃には北斗七星が高く昇り、こちらから北極星を見つけることができます。昔、北半球の夜の航海には欠かせなかった北極星は、一晩中、そして季節が変わっても真北から動きません。でも緯度によって見える高さが変わるので、旅先で北極星を見つけ、この高さの違いを感じるのは、旅の楽しみのひとつになります。皆さんも旅の先々の夜空で、北極星を見つけてみませんか?

しぶんぎ座流星群 流星を見てみよう!

1月3日から4日にかけての夜は、しぶんぎ座流星群のピークです。流星群の流れ星は、輻射点から放射状に流れ出るのが特徴で、しぶんぎ座流星群の輻射点は23時過ぎに地平線から昇り、明け方に頭上あたりにきます。今年は月が22時に沈むので、23時ごろから観察を始めてもよいでしょう。デッキの灯りが目に入らない場所で、北斗七星を目印に、北東を向いて頭上の空を見上げましょう。どこかを集中して見るのではなく、空全体を、ぼんやり眺めるのが観察のコツです。とても寒いので、十分に暖かくして挑戦して下さい。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP