モニター当選者様 乗船レポート(2013年9月 滋賀県 しげぽん様)

乗船体験レポート 2013年9月 滋賀県 しげぽん様

九州弾丸ツーリング体験記

私は、今年50歳の節目を迎えた平凡な「おっさん」で、バイクに関しては、一時期は体力的・世間体・金銭的(これが一番大きい)等により、リタイアしそうになった時もありましたが、18歳から唯一続いている趣味でもあります。三つ子の魂百までと良く言ったもので、思うに幼少時テレビで見た仮面ライダーが強烈に記憶に刻み込まれ、いつかは、バイクに乗ればかっこいい正義の味方に成れる(変身できる)はずと、今でも思っているアホな一人だと思います。(私以外にも必ず居るはず・・・)
と言う訳で、家族からは呆られながらも小遣いの許す範囲でバイクを楽しんでおります。

実は、今回のモニター募集が九州初ツーリングではなく、去年の春もさんふらわーで、念願の初九州ツーリング(3泊4日)をしましたが、阿蘇周辺が悪天候(雨+濃霧+強風+雷)で全く楽しめず、写真すらほとんど撮れませんでした。

いつかはリベンジと思っていたが、持病の腰痛悪化のためバイクに乗ることもままならず、地図ばかり見ては空想にふけっていた状態でした・・・。

しかしながら、暖かくなって腰の状態も良くなり、50歳の節目を迎え、いわゆる自分へのご褒美として九州へ行くなら『今でしょ!』と思っていた所に、HPに「バイクプラン モニター募集」が出ているのを見つけて迷わず応募した次第です。

くじ運が弱い私は、そのことはすっかり忘れていましたが、8月の暑い夏のある日、黄色い封筒が我が家に届きました。そう、それはあの「バイクプラン モニター当選」の通知でした!!思わず嫁に「当たった!!」と一人喜んでいると、「宝くじと違うんかいな~~」と冷ややかな応対をされたが、「当たってしもたんで、行かなしゃあないねん!!」と言い訳しつつ、とても現実的な宝くじに当たった事を感謝しました。

ちなみに、嫁はバイク嫌いなので一人で決行です。相方(バイク)は、私をどこでも連れて行ってくれる心強い味方のBMW R1200GSAです。

さて、当選内容は、①10月20日までにツーリングを終えること。②レポートを提出すること。③「ツーリスト」(雑魚寝)指定。の3条件です。日程は、往路:9/19(木)大阪南港~別府港・帰路:9/20(土)別府港~大阪南港としました。ただ、③「ツーリスト」(雑魚寝)指定がちょっと気にかかりましたが・・・。

さて、モニターに当選したから書くのではないですが、九州の船旅は、夕方出航し朝到着するというロスが少なく、ゆっくり睡眠が取れるのが(おっさん)サラリーマンにとって、大変助かります。また、場合によっては、翌日南港から直接会社に出勤も可能な到着時間帯(朝6:35)なので、忙しいサラリーマンにとっては、とても魅力的だと思います(北海道は、時間がかかりすぎて時間つぶしが大変。晩に到着するため、時間がもったいない)

また、前回バイク乗りと同室(ツーリストベッド)だったため、ルートや穴場を教えていただき大変参考になったことがとても印象に残っており、ホテル泊(個室)とは違うフェーリー泊の良さ(程よい開放感)が味わえた記憶があります。


9/19(木)天候:晴れ

会社は、19(木)・20(金)休みを取ったので、なんと5連休!!
心配していた天候も、台風一過による好天に恵まれ、返って暑いくらいです。
19:05出航の1時間前の5時半には、南港フェリーターミナルに無事到着。

早速、乗船手続き後、今日の晩飯をコンビニで調達です。一人ならこれで十分ですしお土産代に使った方が後々(嫁のご機嫌取り)よっぽど良いと思います(爆)

いよいよ乗船です。出航するとフェリーのバイク駐車場は閉鎖されてしまうので、手荷物をまとめて大部屋に向かいます。そこで、気になっていた「ツーリスト」(雑魚寝)の状況です。

私は神経質ではなく熟睡する方ですが、雑魚寝は初めてなので少々緊張しながらツーリスト部屋に向かいます。寝る場所は全て指定で、繁忙期以外は隣同士は空けてくれていますが、今回は、若いカップルが隣で、私と同年代の女性グループ?が向かい側で、どうも居心地が良くなく、おまけにカップルがいちゃいちゃし始めて気になってこれでは寝られん!と、早々にフロントに「腰が痛いのでツーリストベッドに変更してもらえないですか?」と下手にお願いをした所、何と空いていたツーリストベッドに無料で変更していただきました。ありがとうございます!!

あくまで私見ですが、個人的には少々出費しても、ツーリストベッドがお勧めだと思います・・。
もちろん、当日、熟睡できたのは言うまでもありません。<本日の走行:150km>


9/20(金)天候:晴れ

朝食バイキング
九州初上陸
だご汁定食

予定通り、6:55別府港到着。
出発前に朝食をいただく。昨年とメニューが変わってバイキング形式になっていましたが、種類も豊富で値段が600円!と大変リーズナブルな内容もあってか、すぐ満席になってしまいました。利用される場合は早めに行った方が良いと思います。

いよいよ下船です。
今回は天気が良いので尚更ですが、フェリーのタラップ?を降りる時のテンションはMAXで、あれだけでもフェリー旅の醍醐味は十分満喫できると思います。
今回のルートは、由布院からやまなみハイウェイを南下し、外輪山を時計回りに一周。草千里ヶ浜-米塚-天空の道-大観峰-別府港の予定です。

最高の天気なのでつい飛ばしがちになりますが、秋の交通安全週間目前なので自制心をもって快走路を堪能します。阿蘇の外輪山はもちろん雄大ですばらしいですが、別府から湯布院へぬける「湯布岳」近辺の景色は何度見ても圧倒されます。「ここは日本か!」と思うほどで、例えて言うと、ジュラシックパークのワンシーンのようで恐竜が出てきてもおかしくないくらいの雄大な山並みです。道路以外人口的な造形物が無く、人間の存在感がとても小さく感じるエリアだと思います。天気が良いと尚更景色が生えます。

また、気がついた点として、昨年の台風?の影響か、至る所で道路補修工事を実施していたのが目に付きました。特に楽しみにしていた「天空の道」は、昨年よりかなり酷くなっており、何とか通行できましたが、こぶし大の岩が散乱し、大きな穴が至る箇所が散見されました。四輪・やスクーターでは走行は厳しいと思います。もしかしたら、乗り面が崩落して通行止めになるのではないでしょうか。

ソロ(一人)ツーリングは、マス(集団)ツーリングと違い、自分だけのペースで走れるため、気分が良いと、ほとんど休憩せずに走りっぱなしになってしまいます。今回も、昼に「大観峰」に到着するまで、4時間ほとんど休憩なしだったため、へろへろになってしまいました。朝から水以外何も口にしていなかったので、名物「だご汁定食」を食することとします。素朴な味で胃袋にやさしくしみ渡ります。

「大観峰」は、ツーリングの休憩地点として最適な場所で、平日にもかかわらず次から次へとバイクがやってくるので見ていて飽きません。ナンバーを見ると地元より関東方面が多かった様に思います。それにしても、どこへ行ってもバイク乗りは自分と同じ中高年が平均年齢になっていると思います。自分が免許を取った30年以上前は、50歳のバイク乗りなんてハーレーの白バイもどきぐらいしか印象に有りませんでした(ダサイ)が、現在は、「いけてるライダーやな」と思っていると、ヘルメットを脱げば、ハゲ・白髪のオンパレードです。反対に、10代・20代を見かけたら嬉しくなるくらいです。バイク人口はこれからどうなるんやろ・・・。

自分の息子もバイクに乗ってくれる様に、小さい頃から育てたつもりだが、どうもその気は無さそうな気配である(泣) さて、そろそろ帰路時間の事を考えなければならない時間になってきました。別府港7:35出航なのでまだまだ時間がありますが、午前のハイペースがたたって疲労が溜まり、別府港までだらだら走る。あーーぁ年は取りたくないなぁ。と思いながら・・・。
さて、帰路も「ツーリスト」(雑魚寝)の内容ですが、フェリー内の受付(フロント)の方が私を覚えてくれていて、「すいません~」と言うなりツーリストベッドに変更してくれました。

ありがとうございます!!たまたま、同年代のバイク乗りが同室だったので、あれやこれやとバイク談義に花が咲いたのは言うまでもありません。<本日の走行:320km>

草千里ヶ原

天空の道

長者原


9/21(土)天候:晴れ

予定より早く、7:30に大阪南港着。

阪神高速・第二京阪・京滋バイパスが全て渋滞。おまけに名神が台風18号の影響で一部通行止めのため、2時間で自宅に帰れるのに4時間半もかかった。あーー疲れた。

しかしながら、あっという間に、楽しい1日が過ぎてしまいました。1日では少々物足りないですが、それぐらいが丁度いいのかもしれません。

また、フェリーで九州に行きたいと思いました。次は家族で・・・。
<本日の走行:160km>

●走行距離=630km(内、九州内走行:320km)
●費用計=19,034円
・ガソリン代=5,214円(ハイオク 33L:燃費=19.0km/L)
・高速代=5,300円(自宅~南港往復)
・食事代=4,850円(5食+α)
・お土産代=3,670円

モニター当選者様 乗船レポート 一覧ページへ戻る

PAGE TOP