さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2017年
2018年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
  • しぶんぎ座流星群
  • こと座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2018年5月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
5月初旬22時頃
5月中旬21時頃
5月下旬20時頃

今月も日が暮れるとまず、一番星として金星が西の空で輝きだします。その後、空が十分に暗くなると、今度は東の空で木星が明々と輝きを放ちます。月初めのうちは低い空に見えはじめる木星ですが、後半になれば、西の金星と対になるかのような高さで、日暮れとともに東の空に二番星として現れます。明るい木星から少し高いところに目をやると、オレンジ色の麦星が目につきます。麦の刈り入れ時となる来月には、日暮れとともに頭上に見えることから日本ではそのように呼ばれていました。麦星の南側には、青白く少し控えめに輝く真珠星が見えます。日本では真珠に見立てられたこの星は、西洋では豊穣の女神が持つ麦の穂先で輝く星とされ、“スピカ”はまさしく穀物の穂を意味します。西洋でも東洋でも、農耕する昔の人々は、農作業の終わりにこの星空を見上げていたのでしょう。星の名前からそんな姿が想像できます。麦星から北側に目を移すと、こちらには北斗七星が見つかります。そして北斗七星をたよりにすると、真北の空で動かない方角の指針、北極星が見つけられます。北斗七星の端から2番目の星は、1個の星のように見えて、目のよい人にはふたつに見分けられる二重星です。暗い方のアルコルは“かすかなもの”という意味で、日本では明るい星に寄り添う“そえぼし”と呼ばれました。そえぼしが見えるかどうか、今宵の空で探してみましょう。アルコルを見分けると、ミザールは1個の星にしか見えませんが、望遠鏡で見ると2個の星が見えます。その後この二星は互いに廻り合う、重力で結び付いた“連星”であることが分かりました。さらに分光器という機器で光を分解して観測すると、2個に見えたミザールは、それぞれが2個の星が廻り合う、つまり2組の連星が互いに廻り合う、四重連星であることが分かりました。北極星も実は3個の星が廻り合う三重連星で、今では夜空の星の半数以上が連星だろう考えられています。太陽のように、単独で輝いている星の方が少数派なのだそうです。

西の空

西の空
この星空が見える時間
5月初旬20時半頃
5月中旬20時頃
5月下旬日没直後

西の低い空では太陽が沈むと間もなく、金星が輝きだします。地球の内側で太陽の周りを廻る金星は、太陽から大きく離れて見えることはなく、太陽を追いかけるように宵のうちに沈んでしまいます。初旬は20時頃まで、下旬でも21時頃までが見頃です。遠くで輝く星座をつくる星々(太陽のように自ら輝く恒星)と比べ、惑星はずっと近くで動くので、星座の中を日に日に移動していくように見えます。今月の金星は、まわりに明るい1等星がいくつもあり、その星々との関係から動く金星を体感できるので、何日かおきに宵の空を眺めてみるのがおすすめです。一方、南西の上空では、十分に暗くなると1等星レグルスが静かに輝きます。レグルスからつながる「?」を反転させた星の並びは、西洋では獅子の頭とされ、寝そべる姿のしし座が作られました。西洋の草刈り鎌に似てることから“獅子の大鎌”とも呼ばれています。日本では雨樋を掛ける金具に見立てて“といかけ星”と呼ぶ地域があったほか、この部分を車輪に見立て、しし座全体を糸を紡ぐ糸車と見た人々もいました。ちょっとややこしいですが、こちらは“いとかけ星”と呼んでいたそうです。現在は、天文学者たちが世界共通で使う88個の星座を指定し、それらが一般にも紹介されていますが、昔の人々のように、夜空の星を結んで自分ならではの星座をつくってみるのも楽しいものです。

惑星の大きさ・形・明るさの色いろ

自ら光らない惑星は、太陽の光を反射して輝いています。惑星は大きさや光の反射能、地球との距離の変化によって、夜空では見える位置だけでなく、見かけの大きさや明るさも日々変化します。地球より内側を廻る惑星は、月のように満ち欠けもします。今月は木星が今年最も近くなるので明るく見えます。金星は木星よりもっと明るく見えますが、9月になると更に2倍ちかく明るくなります。そして今月は夜中に昇ってくる火星は、7月末に最接近し、3倍ちかい明るさになります。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP