さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年10月の夜空

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
10月初旬21時頃
10月中旬20時頃
10月下旬19時頃

暑くもなく寒くもなく、そして日暮れも早まってくる10月は、星空を眺めるにはとてもよい季節です。秋の空には明るい星が少なく少しさみしいのですが、東の空を見上げると、少し暗めの星でできる大きな四角形が目につきます。夏と冬の大三角に対して秋の四辺形とよばれますが、昔の日本では計りの枡に見立てて、多くの地域でますがた星とよばれていました。西洋では背中に羽の生えた天馬ペガススの身体に見立てられ、ペガスス座となっています。ますがた星から北東に目を移すと、数字の3のように星が並ぶ、カシオペヤ座が見つかります。西洋ではカシオペヤ女王が椅子に腰掛けているイメージです。日本では初夏には低い空でW字型に見えることから、船の碇に見立てていかり星とよばれたり、真冬には高い空でM字形に見え、ふたコブの山としてやまがた星とよばれいました。今月は、夜中になれば山形に見えます。やまがた星からは、夜空でただひとつ真北の空で動かない星、北極星を見つけることができます。そしてさらに、条件がよければ肉眼でも見えるアンドロメダ銀河を探しだすこともできます。銀河とは、太陽のようにみずから輝く星が2千億個ほど集まってできている星の集団で、現代の大型望遠鏡で数多く見つかっており、宇宙には数千億個あると考えられています。私たちがふだん見ている夜空の星々は、太陽や地球、天の川の星々とともにひとつの銀河(天の川銀河)をつくっていて、アンドロメダ銀河は、私たちの銀河の外側にあるお隣の銀河ということになります。月明かりのない晴れた夜、22時ごろになれば大気の影響も少なくなり、見えるかもしれません。250万光年彼方から届く淡い淡い輝きを探してみましょう。目の端を使って、流し目で探すのがコツです。

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
10月初旬21時頃
10月中旬20時頃
10月下旬19時頃

南の空を眺めると、1等星・みなみのひとつ星が輝いています。近くに明るい星のない空でポツンと輝くその姿は、少しさみしい秋の空気感と重なります。でもそのさみしさは、宇宙そのものを見せてくれているようにも感じられます。一方、西の高い空にはまだ夏の明るい星々がにぎやかに輝いています。おりひめ星とひこ星の間には、もちろん天の川も流れていて、その流れは南斗六星の方へと続いていきます。頭上で輝く星・あとたなばたから、おりひめ星・ひこ星の間に向かって延びる十文字星を見つけることができたら、その縦の流れがそのまま天の川を教えてくれます。たどっていくと、南斗六星を見つけることができるでしょう。アンドロメダ銀河と同様に、天の川の淡い光は目の端で何となく眺めるのが観察のコツです。そうして眺めると大空をまたぐように流れる薄い雲のような筋がはっきりと感じられます。雲のように見えますが、これは遙か彼方から届く、幾億個もの星々からの光で、星ひとつひとつは見えないのに見える、不思議な光です。月明かりのない晴れた夜に、ぜひ観てみてください。夏のあいだよく見えていた土星は、そろそろ見納めの時期となってきました。日が暮れてすぐの頃が観察のチャンスです。10月24日は、この土星のすぐそばに五日の細い月がならんで輝きます。ならんだ月と土星がそのまま水平線に沈んでいく姿は、なかなか見られるものではありません。乗船されている方は、ぜひお楽しみください。

中秋の名月と月明かりの道

旧暦では七・八・九月が秋とされ、その真ん中の八月は中秋とよばれていました。旧暦は月の満ち欠けと日付が対応していたので、八月十五日は必ず満月の前後となるので、中秋の真ん中のこの日に、月を愛でる習慣ができました。今年は、10月4日が旧暦八月十五日にあたり、満月の2日前ですので、少し欠けた名月となります。日没前に月は昇り始め、空が暗くなる頃にはしっかりと空で輝いているでしょう。そしてその月明かりは、海の水面に光の道をつくって見せてくれます。海の上ならではの名月を、ぜひお楽しみ下さい。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP