さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年9月の夜空

南の空

南の空
この星空が見える時間
9月初旬21時頃
9月中旬20時頃
9月下旬19時頃

9月に入ると、日暮れとともに七夕の星々が頭上で輝きはじめます。そして月あかりのない日ならば、夜が更けてくると頭上の大きな十字架・十文字星のまわりに、ぼんやりした雲のような筋が見えるでしょう。これが天の川です。天の川の流れは南の低い空へと続き、今年はそこで土星が明るく輝いています。天の川は雲のようにぼんやりと光を放っていますが、この光は私たちの目では見分けられないほど遠くで輝く、とてもたくさんの星の光の集まりです。それらの星々は、目に見えている星々、私たちの太陽と一緒に、銀河系とよばれる平たい渦巻き状の集団をつくっています。そして私たちは銀河系の中心ではなく端の方にいて、星がたくさんある方向から淡い光を感じ、それを天の川と見ていると考えられるのです。銀河系にはおよそ2千億個の星があり、空に目で見える星は8千個程度と言われます。ほとんどの星からの光は、星として見分けられず、淡い雲のような光として感じているのです。銀河系の中心には特にたくさんの星が集まっているので、そのあたりの天の川は濃く見えます。土星や赤星をたよりに南斗六星や魚つり星の形を見つけ、銀河系の中心を探してみましょう。中心には超巨大なブラックホールがあり、その周りを時速500万kmという高速でガスが回っていることがわかってきています。私たちの肉眼でとらえることはできませんが、そんな世界がこの空の向こうにあると想像しながら夜空を眺めると、ちょっと不思議な、でも面白い気分にもなってきます。皆さんはいかがでしょうか?

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
9月初旬21時頃
9月中旬20時頃
9月下旬19時頃

北側の空には、いかり星がよく見える季節になってきました。低い空ではW型の船の碇に、高い空に移動するとM型のふたコブ山に見えるので、日本ではいかり星ややまがた星と親しまれていた星です。北斗七星と同様に、夜空でただひとつ動かない北の指針の星・北極星を探し出すのに欠かせない星です。北斗七星はこれからしばらく低く見えにくくなるので、これからはいかり星が北極星を探す手がかりとなります。一方、東の空には秋の夜空に目立つ大きな四角形・ますがた星が見えやすくなってきました。米や酒を量る枡のような形だと名付けられていた星です。そして、ますがた星といかり星の間には、アンドロメダ銀河があります。望遠鏡を使うことで、私たちのいる銀河系のような星の集団は宇宙にたくさんあることがわかってきていて、アンドロメダ銀河は近くにあるその代表です。近くといっても250万光年の距離にあるのではっきりは見えませんが、条件がよければ肉眼でもぼんやりその存在を感じることができます。宵のうちはまだ低いので見えにくいですが、夜中になって頭上に来れば見えやすくなります。天の川やアンドロメダ銀河のような淡くぼんやりしたものは、目の端を使って、流し目で見るのが観察のコツです。月明かりのない晴れた夜に、甲板の灯りが目に入らないような場所で探してみましょう。もし見えたなら、それは250万年かかってアンドロメダ銀河から届いた光をキャッチしたことになります。

五大惑星を見てみよう!

半年近く毎夜一番星として明るく輝いていた木星が、見納めの時期となりました。ひと目見ておきたい方は、日没直後、西の低い空を眺めて待ちましょう。空が暗くなる前に見え始める星が木星で、土星はその後、南の空に見えてきます。一方、明け方の東の空には、明けの明星・金星とともに、水星と火星の姿が見られます。水星は中旬のみ見え、17日に火星と接近します。20日は金星と1等星レグルスの接近も見られます。どれも10°前後の低い空に見えるので、水平線まで空の広がる船上は絶好の観察スポットです。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP