さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年7月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
7月初旬22時頃
7月中旬21時頃
7月下旬20時頃

7月は日暮れがまだまだ遅いですが、明るい木星は日没直後から南西の空で一番星として輝きはじめます。しばらくすると頭上に麦星が見えはじめ、やがて木星のそばに真珠星も見えてくるでしょう。21時にもなれば十分暗くなり、真珠星から麦星、北西の空の北斗七星へとつづく、星が描く大きな曲線が見つけられます。明るい木星がより添って、今年はいつもより目立っていたこの春の大曲線は、そろそろ見納めの時期となってきました。ぜひ麦星と真珠星の色の違いを楽しんでみてください。一方南の空では、土星が木星に次ぐ明るさで輝いています。そして土星の近くで輝く赤い星が見つかれば、そこから延びる「J」型の星の並びを見つけられるでしょう。西洋ではサソリに見立てられたこの形は、日本では多くの地域で釣り針に見立てられ、魚つり星や漁星といった釣りに関わる名前でよばれていました。赤星は時間とともに動きますが、見えるときはいつも南の空で明るく輝いているので、北の北極星と対となって、昔の漁師たちには方角の指針となっていたようです。赤星の下の方には、“すもとりぼし”とよばれる、ひとつに見えて実はふたつの星が重なっている二重星があります。すもとりぼしは赤星と比べるとずいぶんと暗いのですが、双眼鏡で見ればふたつの星であることはすぐにわかります。肉眼では、空気のゆらぎでどちらかの星がチラチラとゆれるように見えることから、星が相撲をとっている、と昔の人は見て名付けたのです。すもとりぼしがいちばん見やすいこの季節、ぜひ星々の相撲を観戦してみましょう。

東の空

東の空
この星空が見える時間
7月初旬22時頃
7月中旬21時頃
7月下旬20時頃

東の空では、おりひめ星やひこ星が徐々に見やすくなってきました。7月なのだから、七夕の星が見えるのは当たり前だと思われるかもしれませんが、旧暦では今はまだ五月、今年の旧暦七夕は8月28日にあたり、実はまだ七夕には早い時期なのです。ほんとうの七夕は、梅雨も明け、天の川とともにおりひめ・ひこ星が頭上で輝くころなのです。ただ、北十字星の明るい星・デネブが“あとたなばた”とよばれていたのは、この星がおりひめ星(棚機・たなばた)の後に昇ってくる明るい星だからなのですが、東の低い空に七夕の星々がならぶ、今の時期の星空を見ると、そのことがよくわかります。

北の空

北の空
この星空が見える時間
7月初旬22時頃
7月中旬21時前頃
7月下旬20時頃

北の空には、柄杓の形をした北斗七星がよく目立ち、柄のカーブから麦星・真珠星へと春の大曲線が延びています。北斗七星からは、真北の空で動かない北極星を見つけ出すことができます。北斗七星は深夜には低くなって見えにくくなりますが、その頃には碇形したいかり星が高くに昇ってきて、北極星を見つける助けとなります。そして北斗七星にも、ふたつの星が重なって見える二重星があります。小さくて、添えられているように見える“そえぼし”。目のよい人は、ぜひ探してみましょう。

夏の流星群を見てみよう!

7月下旬から8月中旬にかけては、流星群の季節です。今月は28日にみずがめ座δ流星群、31日にやぎ座流星群がピークとなります。流星群の流れ星は、輻射点を中心にして放射状に流れ出るので、輻射点を含むなるべく広い範囲の空をぼんやり眺めていると、視界のどこかでスッと流れる星に気づけるでしょう。船のデッキで星空を観るときは、甲板のライトや月が目に入らないようにするのがコツで、手で光を遮るだけでも効果があります。群といっても1時間に数個くらいなので、腰を据えて、気長にゆったり待ってみましょう。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP