さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年3月の夜空

南西の空

南西の空
この星空が見える時間
3月初旬21時半頃
3月中旬20時半頃
3月下旬19時半頃

「星は、冬が一番きれいでよく見える」とよく言われます。多くの人がそう感じる理由のひとつは、冬の空には明るい1等星がいくつも集まって輝いているからでしょう。そして空に散らばっている星が、規則的に並んでいるように見えたとき、それは急に目に留まります。目立つ1等星を結んでできる三角形や六角形はその代表で、「冬の大三角」や「冬のダイヤモンド」と名付けられています。絵にすると小さな感じもしますが、実際の夜空でこれらを見つけると、見上げた空いっぱいに広がる明るい星が描くとても大きな形で、まばらに星が瞬くほかの季節の夜空とは違い、『星空』を見ていると強く感じられるのです。目が慣れてくると暗い星もよく見えてきて、五角形(五角星)、釣鐘形(つりがね星)、鼓形(つづみ星)なども目に付くようになり、すばるのように、淡くはっきりしないけれど何かが集まっているところ(実は星の集団(星団))も見えてきます。カタ(型)が見えるとチ(血)がかよい、星のカタチ(形)が生き生きと見えてきます。そうなると、輝き方、色、集まり方など、星にも実はいろんな表情があることも感じられます。皆さんが眺めたときには、その目にどんな星々の表情が映るのでしょうか。
冬の夜空の明るい星々も、深夜には西の水平線に順に沈んでいき、春に向かって星空も移り変わっていきます。冬の豪華な星空全体をじっくり見られるのは今月までですので、ぜひ、お楽しみください。

北の空

北の空
この星空が見える時間
3月初旬21時頃
3月中旬20時頃
3月下旬19時頃

夜空の星は毎日少しずつ位置がずれ、ひと晩のうちでも刻々と動いて見えますが、北の空には夜空の中でただひとつ、ほとんど動かない星・北極星があります。北極では頭上に見えるこの星は、日本からは真北の、緯度に応じた35°前後の高さに見えます。北極星の近くにはあまり明るい星がなく、ポツンとしていて見つけにくいのですが、柄杓(ひしゃく)の形をした北斗七星や、ふたコブの山や碇の形に見立てられるやまがた星(いかり星)をたよりにすると、簡単に見つけることができます。昔は、夜の航海には欠かせない道しるべの星でした。

東の空

東の空
この星空が見える時間
3月初旬23時頃
3月中旬22時頃
3月下旬21時頃

北斗七星の柄の曲線を東の空へ延ばしていくと、春の1等星・麦星、真珠星へと続きます。この曲線は、春から夏にかけて一晩中見えるので、春の大曲線とよばれています。3月でも夜が更けてくると、東の空に現れます。今年は、青白い真珠星のそばで木星が明るく輝いています。大曲線の上では、天に駈けのぼるような獅子の姿、しし座も見えます。獅子の顔にあたる「?」を裏返したように見える部分は、草刈り鎌のように見えることから獅子の大鎌ともよばれます。日本では、しし座全体を糸を紡ぐ糸車のように見て、いとかけ星とよんでいた地域もありました。

宵の西の空に惑星を見よう!

1年前は深夜に東の空に明るく見えていた火星は、地球から遠ざかり、今年は西の空で赤い小さな星に見えます。9月ごろから明るく輝いていた宵の明星・金星は、日に日に高度を下げ、3月半ばには見えなくなり、4月に入ると明けの明星として東の空に見えるようになります。そして月末、25日頃からは、日没直後の西の低い空にほんの少しの間、水星が姿を見せます。宵の西の低い空に、地球と同じように太陽を巡る惑星たち。水平線から空が広がる船上だからこそ、じっくり探せます。皆さんぜひ、見つけてみてください。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP