さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2016年
2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2018年
  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • しし座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2017年2月の夜空

天頂(頭の真上)

天頂(頭の真上)
この星空が見える時間
2月初旬21時頃
2月中旬20時頃
2月下旬19時頃

日本の2月の夜は1年中で最も寒く冷たいですが、日暮れとともに明るい1等星たちが頭上にあらわれ、1年中で最もにぎやかな星空を楽しめる夜でもあります。南側の空では、少し低めのところに大星(シリウス)がキラキラした白い輝きを見せています。これは、夜空でもっとも明るい恒星(太陽のように自ら光を放つ星)の元気な輝きです。明るい星を結んでできる六角形の冬のダイヤモンドの中では、平家星(ベテルギウス)が赤く輝いています。源平合戦での平家の旗印のように赤いこの星は、輝くための燃料をほとんど使い果たし、間もなく死を迎えようとしています。よく見ると星はいろいろな色をしていて、昔の人々は、色のペアで名付けることもありました。たとえば、鼓形をしたつづみ星の中では、赤い平家星と白い源氏星(リゲル)。ふたご座の中では、オレンジ色の金ぼし(ポルックス)と白い銀ぼし(カストル)。みなさんもぜひ、こんどは色の違いに注目して星を眺めてみてください。冬のダイヤモンドの一角をになう二ツ星の明るい方、プロキオンは、太陽によく似た星です。10光年ほど離れていますが、あちらからこちらを見たら、きっと私たちの太陽は、同じような感じの星に見えるのでしょう。プロキオンは太陽より少し大きく生まれたので、人生(星生?)ステージの次のステップに進みはじめようとしています。まもなく(といっても数千万年くらいで)、カペラのような黄色、金ぼしのようなオレンジ色、そしてすばるのあと星(アルデバラン)のような赤い星になっていくと思われます。夜空の星々も、そして太陽も、そんなふうに色と輝きを変化させながら、一生のステージを進んでいくと考えられています。

北東の空

北東の空
この星空が見える時間
2月初旬24時頃
2月中旬23時頃
2月下旬22時頃

夜空の星々を一晩中眺めていると、南の空の星は東から西へ弧を描くように移動し、北の空の星は、反時計回りに円を描くように動いていきます。その中でただひとつ、ほとんど動かない北極星があり、それは真北の空で輝いてることから、日本では古くは子の星(ねのほし)や北辰といった、方角を表す名前でよばれていました。北極星はいきなり見つけるのは難しい星ですが、今の時期は、早い時間帯なら北西の空高くに輝くふたこぶの山、M形のやまがた星をたよりに、夜がふけてきたら北東に昇ってくる北斗七星をたよりに簡単に見つけ出すことができます。深夜になれば、木星や、春の1等星・麦星も東の空に昇ってくるので、あわせて観察してみるのはいかがでしょうか。特に明るい木星の輝きは、とても見応えがあります。

南の空

南の空
この星空が見える時間
2月初旬22時頃
2月中旬21時頃
2月下旬20時頃

冬の時期、南の低い空に数時間だけ姿を現すカノープスという星があります。日本では水平線ギリギリに見え、赤っぽくあまり明るく見えない星ですが、南方の国々では空高く昇り、大星に次ぐ輝きを見せます。中国では南極老人星とよばれ、条件がよくなければ見えない星なので、見えると縁起がよいとされていました。それが日本にも伝わり、同じようによばれていたようですが、中国とは違い、南側に海を持つ日本では、この星が見えたら冬の嵐がくるという言い伝えもあります。岡山県東部では、ちょうど鳴門や淡路の方角に見えることから、鳴門星や淡路星という名前でよばれていたようです。同じ星でも、土地により、人により、よばれ方や存在感がずいぶんと違うのです。

宵の明星・金星と夜中の明星・木星

2月の前半、西の空に輝く金星が、ひときわ明るくなります。金星は、地球の内側で太陽の周りを回っているので、太陽からあまり離れて見えることがありません。そのため、宵の西の空か、明け方の東の空にしか見えないのです。一方、金星に次ぐ輝きを見せる木星は、地球より外側で太陽を回っているので、夜中に見えることもあります。そういうことから、金星を宵の明星・明けの明星とよぶのに対し、木星を夜中の明星とよぶことがあります。今月は宵の明星と夜中の明星がよく見えます。ぜひ、観察してみてください。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP