さんふらわあの夜空

さんふらわあの夜空

海の上から見る星空は、普段陸から見ている星空と違って、街の明かりや山に邪魔されることがないのでとっても綺麗です。頭の上から水平線まで、360°どの方角も見渡すことができます。陸からでは広い砂漠や草原、高山の上からしか見られない、特別な星空を、さんふらわあからどうぞお楽しみください。流星群や天の川を見た記憶は、忘れられない想い出になります。

2015年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 6月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
  • しぶんぎ座流星群
  • みずがめ座流星群
  • ペルセウス座流星群
  • オリオン座流星群
  • ふたご座流星群

星空教室 講師紹介

  • 田島 由起子
    自然教育事務所 宙 代表。大学で宇宙や地球について学び、高校講師を経て…

    詳細はこちら

  • つちたに のりお
    ある時はコンピューターエンジニア、ある時はスキューバダイビングのイン…

    詳細はこちら

  • 船田 智史
    大学時代には天文同好会に所属。1987年9月の沖縄金環日食を観て以来、皆既…

    詳細はこちら

  • 藤原 正人
    小学生のころより星空に興味を持ち、惑星、流れ星、彗星、星雲、星団その他…

    詳細はこちら

  • 坂元 誠
    星空と宇宙の楽しさを人に伝えることを仕事にして20年、多くの人々を星…

    詳細はこちら

2016年12月の夜空

東の空

東の空
この星空が見える時間
12月初旬22時頃
12月中旬21時頃
12月下旬20時頃

12月は日暮れが早く、1年の中で最も夜が長くなる時期です。東の空を眺めていると、日暮れとともに明るい星が輝きはじめ、夜が更けていくにつれて水平線からは次々に明るい星々が現れます。そして夜中には、一年を通して最もにぎやかな星空が頭上にかけて広がります。特に明るい星を結んでいくと大きな六角形となり、これは「冬のダイヤモンド」とよばれています。そして冬のダイヤモンドの真ん中で平家の旗印のように赤く輝く平家星と、ひときわ明るい大星(おおぼし)、明暗ふたつの星がペアになったふたつ星を結ぶと、「冬の大三角」とよばれる大きな正三角形となります。これらの明るい星は街中でも見つけることができますが、海上の暗い夜空ではさらに、街中では見つけにくい釣鐘形(∧)をした「つりがね星」、歌のタイトルや車の名前でも親しまれている「すばる」、そして鼓の形をしたつづみ星(オリオン座)の中には「小ミツ星(こみつぼし)」なども見つかります。空の条件がよければ、すばるの中には6個の星が見つけられ、小ミツ星の真ん中は、よくよく見ればガスをまとってぼんやりしていることがわかります。このぼんやりしたところはオリオン星雲とよばれており、今まさに、このガスの中でたくさんの星が生まれています。一方、平家星はまもなく(と言っても100万年以内に、という時間スケールですが…)爆発して星としての寿命をむかえると考えられています。いつまでも変わらぬように見える空の星々ですが、私たちとはちがう時間スケールで、でも、変化し続けているのです。

北西の空

北西の空
この星空が見える時間
12月初旬21時頃
12月中旬20時頃
12月下旬19時頃

12月になると、秋の夜空のシンボル「秋の四辺形」が日没とともに頭上に現れ、夜半に向けて西に傾いていきます。1年で最も日没が早いこの時期は、18時頃には星空となるので、西の低い空に夏の名残りで「夏の大三角」も見られます。ひこ星やおりひめ星は、いよいよ今月が見納めとなります。そして北の空高くには、ふたこぶの山のような形、やまがた星もよく見えて、そこから真北の夜空の不動の星・北極星を見つけることができます。レーダーGPSのなかった昔、夜の航海では方角の指針として北極星を見つけられることはとても重要でした。皆さんも船旅の記念に、自分で北極星を見つけ出してみるのはいかがでしょうか。

西の空

西の空
この星空が見える時間
12月全般18時頃

宵の空で最も明るく輝いているのは、「宵の明星」ともよばれる金星です。その少し南寄りには、5月末に地球に最接近した火星が、だいぶ暗くなりましたが、それでもまだ1等星のひこ星と変わらぬ明るさで、赤く輝いています。そして夏から初秋の夜空では頭上に見えた北十字星の十字架が、12月になると西の空に立ち上がるように輝き、クリスマスシーズンにぴったりの星空となります。星空が最も長く楽しめる12月、ぜひ、早い時間の星空も見上げてみてください。

明け方の空に木星と流れ星

12月、明け方の東の空では、木星の姿が楽しめます。4時頃から日の出直まで、明るい木星は空が白んできてもしばらく見えます。朝焼けに消えていく星の姿を眺めてみるのも、不思議ですてきな時間です。少し寒いですが、挑戦してみませんか?

木星は毎日見られますが、それに加えて14日の未明は、ふたご座流星群の流れ星が期待できます。今年はふたご座のそばで月が眩しく輝くので、木星の見える東の空を見上げ、西側から頭上に流れてくる流れ星を待ってみるとよいでしょう。朝け方の星空も、どうぞお楽しみください。

デッキで星を見られるお客様へのお願い 星を見るには外に出ることになります。以下の注意事項をお守りいただき、星空を楽しんでいただきますようお願い申し上げます。

  • 暗い中屋外で行動することになりますので、事故などには十分注意してください。特にお子様は、保護者の方と一緒に行動するようにしましょう。
  • 明るい船内からデッキに出てすぐは、目が暗さに慣れていません。何分かデッキにいて目を慣らしてから、やっと星空や流星などの暗いものが見えるようになります。屋外に出て流星が見えないからといってすぐにあきらめてしまわずに、目が慣れるまでしばらく(15分ぐらい)待つことも必要です。
  • 船は時速40キロ以上で走っています。意外に風が強く、船首で発生した海水のしぶきがかかることもありますので、風下での観測をお勧めいたします。
  • 外部デッキの暴露部は波しぶきがかかったり、潮風で濡れていることが多く、大変滑りやすくなっていますのでスリッパやサンダル等すべり易い履物は着用しないで下さい。また、デッキは海面上20m以上あること、万が一夜間航海中に海中転落されますと発見が困難であることから、手すりに寄りかからないようお願い申し上げます。

PAGE TOP