社長メッセージ

企業にとって、「利益」を出すことは会社を継続的に存続させるための手段であって目的ではありません。真の目的は、お客様からのサポートを得続けることだと考えています。「さんふらわあ」のサービスが世の中に受け入れられ、結果として多くのお客様にサービスをご利用して頂ければ利益が残り、私たちはお客様にサービスを提供し続けることができます。

この数年、フェリーを取り巻く環境は大きく変化し、求められるサービスも変化し続ける中、私達が、お客様のサポートを得続けるためには、マーケットの変化を先読みし、お客様の「潜在的欲求」を「有効需要(顧客創造)」に変えていくことが必要です。そのため、諸先輩の努力により、長い歴史をかけてマーケットに浸透してきた「さんふらわあ」というブランドの知名度に甘んじることなく、「さんふらわあ」ブランドに更に磨きをかけていくことこそが、わたしたちの最大のミッションとなっています。

では、「さんふらわあ」ブランドとは何か。それは、「さんふらわあ」のサービスを通して、お客様に貢献していくこと(人々の生活に貢献し、豊かになってもらうこと)を目指し続けた結果、お客様が「さんふらわあ」に抱いていただける「魅力」だと考えています。

わたしたちは、次の4つの目標を掲げ、お客様に常にサポートいただけるフェリー会社を目指していきます。

  • (1) 安全運航を実施し続けることで、交通機関としての存在意義をマーケットに認めていただく。
  • (2) 安全・安心で快適なサービスを提供することで、人々の生活の基盤になっている物流の関連のお客様が抱える問題(長距離ドライバー不足、環境問題等)を解決していく。
  • (3) 「さんふらわあの船旅」を提供することで、日々のストレスを抱えるお客様を非日常の世界へ誘い、明日への活力を提供していく。
  • (4) さんふらわあの物流・旅客のサービスを通じて、阪神・九州地域をはじめとした日本経済の活性化に貢献し、地方創生の一翼を担っていく。

最後に、お客様のサポートを得続けるためには、まずは社員自身が誇れる仕事をして、誇れる会社にしていくことが、何よりも大事だと考えています。

株式会社フェリーさんふらわあ
井垣 篤司

PAGE TOP