企業理念及び安全・環境への取り組み

企業理念及び環境方針

企業理念

企業理念及び環境方針

  • 一.顧客のニーズに最優先で取り組み、新たな市場開拓に努め、企業価値を高めます。
  • 一.社会規範と企業倫理に則った、透明性の高い経営を行います。
  • 一.会社の発展と共に社員の成長を目指します。
  • 一.安全運航を徹底し、海洋・地球環境の保全に努めます。

株式会社フェリーさんふらわあは、海洋環境の保全と向上に 真摯に取組み、「企業理念」をもとにした、下記の「環境方針」を策定します。

環境方針

  • 船舶の安全運航に努め、海洋・地球環境の保全に取り組みます。
  • 環境関連の法規制を遵守し環境負荷の低減に貢献できる企業活動を推進します。
  • 省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減に積極的に取り組みます。
  • 環境保全活動を実施する上で、環境目的、環境目標を設定し、常に見直しを行いながら、環境管理の向上に努めます。
  • 環境教育、社内研修等により環境保全に対する各自の意識向上を図ります。
  • 環境方針は、一般に公表します。

安全運航への取組み

「株式会社フェリーさんふらわあ」にとって、安全運航はすべてに優先します。安全確保の目的を達成するために経営トップが主体的に関与し運営する安全マネジメント体制を構築し、これをさらに高度なものとするため、日夜努力を重ねています。
その全社認識のもと、お客様の安全確保を第一に各種取り組みを行っており、その概要をご案内申し上げます。

1.会社及び本船の取り組み

当社は国内法にて規定、承認された安全管理規程を遵守し、運航に際しては機器・設備の安全確認を徹底し、事故を未然に防ぐ取り組みを継続しております。

また当社の運航する船舶は、厳しい国際基準「ISMコード(※注1)」(国際安全管理規則)に準拠した「安全管理システム」を確立し2006年に任意取得し ています。この「安全管理システム」は日々維持・改善を図っており、管轄官庁によって定期的に審査を受け継続承認をされています。

注1:「ISMコード」(国際安全管理規則)
International Safety Management Codeの略。1993年11月、IMO(International Maritime Organization、国際海事機関)の総会で採択された。当初わが国ではSOLAS条約に従い国際航海に従事する船舶のみに取得を義務付けていまし たが、2000年7月、内航海運事業者の安全努力を支援する目的で、「船舶安全管理認定書等交付規則」(運輸省告示)を制定、内航海運事業者の任意による ISMコード認証を国土交通省が付与する制度が整えられました。

2.本船の設備

当社運航船は法定に従い、管轄官庁による定期的な検査を受け適正に設備を保持し、日々点検・整備を実施しております。緊急時の避難設備については、小人、幼児を含んだ全てのお客様(最大搭載人員)に対応する十分な数の救命胴衣並びに救命いかだを装備しております。

3.非常時のための訓練


本船および陸上社員参加訓練の様子

万が一の事故の際には、当社の安全管理規程においてお客様の安全を確保する為の乗組員各員の役割を定めております。また、乗組員並びに関係社内部署においては、定期的に各種訓練を実施し、万が一の事故に備えております。

航行の安全は日々の取組を通じて初めて達せられるものであり、当社に関係する社員全員の意識涵養が何より重要と認識致します。当社では幹部社員が率先して安全に対する啓蒙に取り組んでおります事を併せてご連絡申し上げます。


国民保護

当社は武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)第36条第1項の規定に基づき、国民の保護に関する業務計画を作成しています。

当社の国民保護業務計画についてはこちら

PAGE TOP